昭和25年に石巻の地で製麺業として創業

およそ半世紀の間、石巻の独特の食文化を継承する担い手として、独自の商品を生産しております。

ごあいさつ

東日本大震災は、良くも悪くも様々な点で弊社に影響を与えました。私はこれをきっかけに、地元石巻をじっくりお見つめ直すことができました。石巻には全国に誇れる素晴らしい素材、食文化があります。石巻で生まれ、石巻に育てられた企業として、地域に根ざし、地域の素材や文化を広くPRしたいと考えております。島金商店として、地域の素材を積極的に使い、現代のニーズに合わせ、全てのお客様にとって価値のある商品を作り、発信してまいります。
ここまで支えていただいた全ての皆様に感謝の気持ちを忘れずに、誠心誠意商品作りに励んでまいります。

代表取締役 島 英人

創業者 島 三郎

二代目 島 卓三

概要・沿革

有限会社 島金商店
代表取締役 島 英人
〒986-0858
宮城県石巻市三ツ股三丁目13番1号
昭和25年3月
平成9年6月
取扱商品
焼きそば・生中華麺・生そば・うどん
昭和25年3月
創業 宮城県石巻市千石町66番地にて製麺業を開始。代表 島 三郎
昭和26年7月
米穀配給業を同地にて始める
昭和37年12月
製麺工場を、石巻市中央3-4-10に新設移転
昭和55年7月
製麺工場を石巻市門脇三ツ股4-10に新設移転
平成9年6月
個人商店より法人化 有限会社島金商店とする
平成19年9月
住所表記を現住所に変更
平成23年6月
東日本大震災による被災のため、仮設工場に移転 石巻市大街道北三丁目6-92
平成25年3月
工場の修復が完了し、現住所にて製造を再開

製造設備

ミキサー

製麺機

ゆで麺機

せいろ

品質管理室

テストキッチン